(HнH)〈 頭で考えるな、目の前の光景に没頭しろ
2009/12«│ 2010/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/02
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
04:45:17
( ゚д゚ )


――やめろ!


―――やめろ!俺を見るな!


( ゚д゚ )


――――見るんじゃねぇぇぇ! バァン



( ゚д゚ )


むせかえるような血と硝煙の匂い
物心が着いた時に、俺は戦場にいた
自分の名前は、忘れた
ただ、俺を最後にみた奴は『ミルナ』と言っていた
俺の視界に入った人間はみんな死んだ
仲間からはいつからかミルナと呼ばれていた


戦争だから、殺す
敵が俺を見ていたから、殺す


( ゚д゚ )


だけど、気づいていたんだ
これが正しい訳が無いって
俺だって見たくて見てるわけじゃない
それでも、銃を構えた相手から目を離す事なんか出来ない


だからミル
だからコロス


俺には昔の記憶が無い
恐らくは拉致され、傭兵に仕立て上げられたと言ったところだろう


故郷の、親の顔すらも解らない…



だから俺は隊を脱け出した
物心着いた時から持っていたペンダント
その中に一枚の紙が入っていた


そこには日本語で『VIP市』と書かれていた


続く?
スポンサーサイト
プロフィール

◆FOy3FlOjcQ

Author:◆FOy3FlOjcQ
ブーン系小説とか読んだり書いたり
プロレスとパチンコが好きなおっさんです

画像が変わるデジタル時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。